登山

遠野の男子は、一人前の大人と認められるための成人儀礼として、遠野三山(早池峰山、石上山、六角牛山)を二昼夜で登る「お山三山掛け」と言うものがあったそうです。

【ページ内目次】
ガイドについて
ガイドコースメニュー
料金
登山ガイド予約申し込みフォーム

ガイドについて

ガイドする人の都合の確認や調整のため、予約申し込みは必ず1週間以上前に行ってください。
コースもある程度決めてはおりますが、その中でご要望にお応えできるようにご案内いたします。コースの詳細は、出発前のオリエンテーションでお客様と打合せして決めます。
登山に合った服装や装備はご持参ください。
なお、当日の天候により急遽中止となる場合もございます。

ガイドコースメニュー

砥森山

その昔、砥石が取れた山であることから砥森山と名づけられた。
女人禁制の霊山と伝えられていた。山頂から田瀬湖が見え、晴れた日には鳥海山を望むこともできる。
前九年の役、衣川で敗れた安部の貞任は、この地で体制を立て直した。(登山道の入り口傍には安部貞任の隠れ岩があります。)
追ってきた源義家はこの山に登り戦勝を祈願し、戦に勝った後に山頂に宮を建てたと言う。後に村人がこの宮を守り、宮守という村の名前が生まれたとのことです。

 

飛竜山

宮守と東和の境にある。
山頂には飛竜神社奥宮、麓には冷泉が沸き、様々な伝承とともに霊験あらたかな霊泉として知られる。

笠通山

綾織と宮守にまたがる山で、盛岡街道396号線の旧道(小峠)から若しくは上鱒沢の長泉寺・増沢舘跡から登山道に入るルートがあります。
死人の魂を喰らう妖怪キャシャが居る山として知られています。

 

薬師岳

早池峰山南方に聳える山です。
古くから大迫、遠野の人々によって前薬師、前山、前岳と呼ばれていた。早池峰山の登拝路に横通りがあり、その途中に薬師堂があります。
薬師如来は万病をいやし、人々の寿命を延ばし、医療を司る仏とのことです。
登山道の入り口は、又一の滝からと早池峰山登山道の小田越えからのルートがあります。

 

早池峰山

岩手県内では岩手山の次に高い山で、北上山地最高峰です。
遠野三山、女神伝説の山(『遠野物語』では、大昔、女神が3人の娘を連れて伊豆権現(現 遠野市上郷町来内の伊豆神社)に宿泊し、いい夢を見た娘にいい山を与えるとした。三女が夜中に目覚め、姉の胸に降りていた霊華をこっそり奪い、最も美しい早池峰を得た(2人の姉は六角牛山と石上山を得た)。)として知られ、女人禁制の山岳修験の山で、常民にとっては水分(みまくり)神の山で、旱(ひでり)のない豊饒の山でもありました。
山頂は宮古市、遠野市、花巻市の3つの市の境界となっております。
日本百名山にもその名で収録されています。

 

石上山

遠野三山の1つ、石上山は、遠野物語で『石神山』として登場する山で、早池峰山、六神石山(六角牛山)とともに三山信仰として登られた山だった。かつては修験者の山、女人禁制の山とされていました。
登山口は、綾織郵便局(石上山登山口の案内板がある)から川井住田大規模林道を北へ5分程度車で走った場所に石上山登山者用駐車場があります(案内板あり)。道路をまたいだ先に登山者名簿箱があり、その横から石上山に向かう登山道があります。

 

六角牛山

遠野市と釜石市の境界にある山です。
六角牛の名は、もともと六皇太子で、6人の皇族が住んだ山とされ、その御陵を意味する陵墓場が山中にあります。
遠野小富士の異名を持ち、遠野三山の1つとして親しまれています。
県道35号沿いの六角牛神社近くに登山口の標識があり、未舗装道路を約4km進むと糠前登山口となります。。駐車場スペースが数台分あります。

料金について

ガイド料金(お一人様1日の料金)

お申込み人数 お一人さまあたりの料金 備考
1名様 7,000円  
2名様〜3名様 6,000円  
4名様〜8名様 5,000円  

登山ガイド予約申し込みフォーム

    ◆ お名前 (必須)

    ◆ メールアドレス (必須)

    ◆ 携帯電話番号(必須)
      

    ◆ 予約したい登山ガイドのメニュー(必須)
      

    ◆ 申し込み人数(必須)
      

    ◆ 予約日(必須)
      

    ◆ メニューについてご希望がありましたらご記入ください

    後日事務局より確認のメールを送ります。
    確認のメールが届かない場合はお客様のメールが届いていない可能性がございます。
    3日以上経過しても確認のメールが届いていない場合は電話にてご連絡ください。
    ℡:0198-62-1010    090-3085-1427

     

    Pocket